2019年8月15日木曜日

湘南ハワイアン愛好会のつどい

開催日  令和元年10月27日(日) ※雨天中止

開催時間 11:00 ~ 15:0

場所   旧三井別邸地区 ふれあいの広場

入場料  無料

駐車場  土日祝日 有料

主催   湘南ハワイアン愛好会

木々の緑に囲まれた旧三井別邸地区にある“ふれあいの広場”の芝生の上で、大磯町を中心に近隣のハワイアン愛好家やフラダンスチームの方達などが日頃の練習の成果を発揮します。秋の澄んだ青空のもと音楽と踊りの輪が広がります。

大磯城山公園うつわの日  ~ 白の彩り ~

開催日  令和元年10月24日(木)~11月3日(日)

時間   9:30 ~ 16:00

場所   茶室「城山庵」・書院

入場料  無料

駐車場  平日 無料、土日祝日 有料


光と緑の影がおりなす茶室「城山庵」と書院に、陶芸家丸田秀三氏が製作した白磁の世界が広がります。
色濃い緑の日本庭園を背景に茶室と書院に浮かぶ白の世界。白磁の器と活けられた草花がかもしだす静かな世界の拡がりを味わいください。

湘南邸園文化祭参加イベント

   丸田 秀三(まるた しゅうぞう)
   無釉白磁を中心に製作、山北町に工房を設置
   東京、神奈川を中心に展覧会を開催
   朝日陶芸展などさまざまな陶芸展で多数受賞



*同時期開催*
菁陶会(せいとうかい)作陶展
陶芸家丸田秀三氏の展示に合わせ、丸田秀三氏が主宰する陶芸教室の生徒の皆様が日頃から丹精込めて作られた花器や茶器などの作品を展示します。
 開催日   令和元年10月25日(金)~10月28日(月)
 展示時間  9:30~16:00
 展示場所  北蔵ギャラリー

デイサービスセンター福寿荘 作品展

開催日  令和元年10月12日(土)~10月14日(月・祝日)

時間   9:30 ~ 16:00

場所   北蔵ギャラリー

入場料  無料

駐車場  土日祝日 有料


大磯町にあるデイサービスセンター福寿荘をご利用されている皆様が、日頃、絵画教室や陶芸教室などで熱心に取り組んでおられる水彩画や陶器のほか、染物や手工芸などの作品を展示します。今年で第10回目となります。

風と光と太極拳in城山

開催日     令和元年10月12日(土) ※雨天中止

開催時間 10:00 ~ 11:30

場所   旧三井別邸地区 ふれあいの広場

参加費  無料

駐車場  土日祝日 有料


新鮮な空気と木々の緑に包まれた中、子供からお年寄りまで年齢に関係なく皆さん集まって、気持ちよく元気に体を動かす楽しさを体感し、健康増進を図りましょう
(練修内容) 太極拳・練功18法・ストレッチ体操・セラバンド
(持物・服装)飲み物、動きやすい服装
       ※セラバンドの貸出しはあります
(問い合わせ先)
・太極拳に関すること 
  大磯太極拳とセラバンドサークル連絡会 近藤 ℡ 0463-61-3421
・雨天時の開催の有無に関すること(当日)
  大磯城山公園 ℡ 0463-61-0355




2019年8月14日水曜日

秋の盆栽展

開催日   令和元年10月5日(土)~10月6日(日)

時間    9:0017:00 (最終日1:00迄)

場所    旧吉田茂邸地区 管理休憩棟

入場料   無料

駐車場   土日祝日 有料




旧吉田茂邸地区管理休憩棟内で、大磯町の盆栽愛好家たちが丹精込めて仕立てた
モミジや松などの小さな盆栽の数々を展示します。

 
 同時開催:盆栽即売(経験のない方も育て方を教わって盆栽作りに挑戦してみては
 いかがでしょうか)

2019年8月11日日曜日

「親と子による写生会」作品展

開催日     令和元年9月28日(土)~9月29日(日)

時間        9:30 ~ 16:00

場所         北蔵ギャラリー

入場料      無料

駐車場  土日祝日 有料


8月5日に中地区教育文化研究所が主催する「親と子による写生会」が大磯城山公園を
初め中地区管内で開催されました。
大磯城山公園でも多くのお子さんとその保護者の方が参加され、展望台や不動池の
周りでいろいろな景色を対象にクレヨンや絵筆を走らせました。
芸術の秋にちなみ、その皆様が描かれた作品を展示します。

2019年7月21日日曜日

七賢堂特別開扉

開催日  令和元年9月21日(土)~9月23日(月)

開催時間 10:00~16:00

場所   大磯城山公園 旧吉田茂邸地区

入場料  無料

駐車場  土日祝日 有料


吉田邸の火災から焼失を免れた七賢堂は、これまでも期間を限定して開扉し、中をご覧いただいておりましたが、今年も吉田茂の生まれた日の9月22日をはさんで3日間、特別に開扉いたします。開扉期間中は、NPO法人大磯ガイド協会の方による現地説明を行います。
 

「七賢堂」
伊藤博文が大磯町滄浪閣内に建てた四賢堂を吉田茂が現在地に移築したもの。当初は岩倉具視、大久保利通、三条実美、木戸孝允の4人がまつられ、その後、伊藤博文、西園寺公望、吉田茂がまつられました。内部に七人の写真が掲げられていました。